【ASUS Zenfone Max Pro(M2)】SIMカードの挿入とデュアルSIM設定

2019/05/20

 「ASUS Zenfone Max Pro(M2)」は、デュアルSIMで、2枚のnanoSIMをスロットに挿入することができます。さらにデュアルVoLTEにも対応しています。

1.「ASUS Zenfone Max Pro(M2)」の通信帯域とキャリア別適用バンド

通信規格 バンド Zenfone Max Pro(M2) Docomo au Softbank 備考
FDD-LTE 1
2
3
4
5
7
8
12
17
18
19
28
TDD-LTE 38
41

※新発売時に未対応だった通信帯域
・端末を交換したら、一年間の延長保証が追加されました。

2.SIMカードのセット

①イジェクトホールに付属のピンを差し込んで、すこし押し込むとカードトレイが飛び出します。
②飛び出したカードトレイを引っ張り出します。
③スロットにSIMカードのICチップ面を下になるようにセットして、カードトレイをもとに戻します。

【閑話休題】
 SIMフリースマートフォンを購入する大きな要因は、MVNOのSIMカードを利用して月額の携帯料金を節約できるところです。また、デュアルSIM対応を選択するのも、データ通信のみであれば、いつでも自由により安いMVNOに変更できるからです。

 現在利用している組み合わせは、次の通りです。
・SIMスロット1:J:COM MOBILE Aプラン 2年長期契約(0.5GB)(音声+データ)+かけ放題5分◆月額980円+850円(*1)
・SIMスロット2:IIJmio(BIC SIM)ミニマムプラン(3GB)◆月額900円 ※キャンペーン期間中の加入で、1年間6GB利用可

※これをドコモの新料金プラン(2019/6/1以降適用)で、同程度のサービスに加入したとすると
 ◇ギガライトプラン~3GB 2年定期契約:3,980円 +5分間無料通話オプション:700円
となり、月々1,950円の節約になります。(2年間で46,800円 ミドルレンジのSIMフリースマートフォンが買えます。)

*1:現在は、スマホセットで、別途端末代金が上乗せされます。J:COM NETに加入していると実質0円になる端末もあります。

3.「モバイルネットワーク」のアクセスポイント設定

①設定画面で、「ネットワークとインターネット」をタップします。
②「ネットワークとインターネット」画面で、「モバイルネットワーク」をタップします。
③④「ネットワーク設定」画面で、「アクセスポイント名」をタップします。

⑤au系の主なMVNOのプランが表示された「APN」画面になります。
⑥Docomo系の主なMVNOのプランが表示された「APN」画面になります。
この画面にあるプランのSIMカードをセットした場合は、自動的に認識してくれます。
⑦この画面にないプランの場合は、自らAPNを追加編集する必要があります。「+」をタップします。

⑧「アクセスポイントの編集」画面になるので、必要な項目を入力して、3ドットメニューをタップして「保存」をタップします。
⑨「APN」画面に戻ると、追加したプランの名前があるので、そこをタップします。

4.「デュアルSIMカード設定」

 「音声通話」「データ通信」について、どちらのSIMカードを優先するか設定します。

①設定画面で、「ネットワークとインターネット」をタップします。
②「ネットワークとインターネット」画面で、「デュアルSIMカード設定」をタップします。
③④⑤「デュアルSIMカード設定」画面で、「データ通信」「音声通話」「メッセージ」について、優先SIMカードを設定します。

5.データ使用量の確認

1)計測サイクルと使用量上限等の設定

 利用しているMVNOの1カ月の開始日(通常は1日)を設定します。
①「ネットワークとインターネット」画面で、「データ使用量」をタップします。
②「データ使用量」画面で、各々の「計測サイクル」をタップします。

③「計測サイクル」画面で、計測サイクルの開始日、④警告するときの使用データ量の設定、⑤⑥データ使用量上限の設定をします。

2)データ使用量の確認

 データ使用量は、モバイル(①)およびWiFi(②)別に確認することができます。
 さらに、使用量上位のアプリが一覧表示されます。

③データセーバーと④ネットワーク制限

-ASUS Zenfone Max
-, , ,