アンドとロイドの猫日記(2011年7月)

2018/08/12

7月9日 NIFの楽園に猫がやってきた。

※2011/7/31更新:動画を追加しました。
※2011/8/1更新:写真を追加しました。

7月9日

NIFの楽園に猫たちがやってきた。

「長い間、車に揺られて、知らない場所に来たけれど、ここはどこ?」
「少し様子を見てみよう。」

ここは、君たちの新しい棲みかだよ。

・・・最初は、姿勢を低くして、いつでも反撃できるような警戒体制で、新しい棲みか(部屋の中)がどんなところか動き回っていたが、しばらくすると、警戒も徐々に溶けたみたいで床に寝そべって少しリラックスした模様。

「ここが新しい棲みかみたいだね」
「ところで、この人たちはだれ?」
「僕たちのご主人さま?」
「そんなことどうでもいいよ」

「でも、僕たちには、まだ名前がないよ。」

NIFの楽園にようこそ。
君たちは、今日から『アンド』と『ロイド』だ。気に入ったかな。

「・・・・・」

・・・夜には、しっかりNIFの楽園の住人になっていた。

7月×日

今日は、自己紹介してもらおうかな。
では、「アンド」から

「アンドです。ここにはすっかり慣れ、ロイドといっしょに部屋中を飛び回って楽しいです。ロイドとは、足の色と尾の長さが違うのですぐわかると思います。」

では、「ロイド」

「ロイドです。僕たちは捨てられ猫ですが、今は新しい棲みかで「アンド」といっしょに暮らしています。アンドより今のところちょっとからだ大きいです。」

・・・「アンド」はちょっとさみしがり屋かな。「ロイド」はいつも元気いっぱい。

「僕たちは、↓ ここから来たのです。まだ、いっぱいいるのでよろしく」

7月×日

・・・あっと言う間に1週間が経ったが、ずっと前から居るみたいにすっかり馴染んでいる。

・・・食べて→遊んで→寝ての繰り返し、今は、寝ている時間が一番長い。

・・・起きているときは、二匹で、取っ組みあうことがしばしばある。(野生の血が騒ぐのか)

取っ組みあいは、こんな感じです。(少し映りが悪いですが)

7月×日

初めて、病院に行ってきたぞい。
「ものすっごーく緊張したぞい。アンドは」
「ぜーんぜん平気だったにゃ」

・・・体重:アンド⇒1.1kg ロイド⇒1.2kg

紙袋であそんだよ!

パソコンの前で堂々のロイドです。

まだ遊び足りないアンドです。

Amazon「Audible」の無料体験

-アンドとロイド